授乳中のマタニティー・ブルーのイライラが改善

待望の孫ができたものの、娘の様子が変わっていきました。

赤ちゃんの夜泣きで眠れず睡眠不足なのか、いつもイライラしていました。赤ちゃんの世話をするものの笑顔はなく怖い形相です。

孫が生まれる前はとても身ぎれいな娘だったのに、赤ちゃんの世話以外は何もしない、パジャマのまま1日を過ごし、髪もボサボサのまま。食べるものはスナック菓子と炭酸ジュース。

まるで人が変わったようにものぐさになってしまったのも心配でしたが、母乳で育てているのに栄養が摂れていない事が心配でたまりませんでした。

私が食事を作ってちゃんと食べさせようとしても「赤ちゃんがすぐに泣くから食べる時間がない」と言います。

泣いたら私が抱っこしといてあげるから食べなさいと言っても「子供が泣いてるのにご飯なんか食べられない、母親失格だ」と怒ります。

何か意固地になっているようで、いつもイライラしていました。

娘をこれ以上放っておけないと思ったので、娘がお世話になっていた産婦人科に相談しに行きました。するとホルモンの乱れからくるマタニティー・ブルーかもしれないと言われました。

なんでも出産後は女性ホルモンを整えるエストロゲンという物質が減少し、イライラしたり情緒不安定になるそうです。

よくある事なので心配しなくても大丈夫という事でしたが、食事だけはちゃんと摂らせるようにしてくださいと言われました。

でも娘はあの状態だったので私の用意したものは食べてくれません。早く食べれるようにサンドイッチを作ったりしても駄目でした。

正直、私ももう疲れていました。勝手にしなさいと放り出したい気持ちでしたが、やはり娘は可愛いし孫の事も心配でした。

頭の中は娘にどうやって食事を食べさせるか、栄養の事ばかり考えていました。

そんな時、知り合いの娘さんから「優光泉酵素」をいただきました。知り合いの娘さんはレディースクリニックの看護師さんで、女性ホルモンの事に詳しいらしいのです。

『マタニティー・ブルーはエストロゲンを増やせば治るし、そういう薬もありますが授乳中は赤ちゃんへの影響を考え医者は処方しません。けれど自分達看護師はお母さんの辛い症状を抑えるのに酵素を勧めています』と彼女の手書きの手紙が添えられていました。

手紙の他に飲み方も書いてあり、試してみようと思いました。

優光泉酵素はダイエットや美容の効果を求めて飲む女性が多いそうですが、実は栄養面やホルモンバランスを整えるのにも最適なのだそうです。もちろん赤ちゃんにも影響はありません。

授乳中なのでダイエットは考えず、まず健康維持を目的にと書かれてありました。

紙に書かれている通り、スナック菓子をおせんべいに変えて、炭酸ジュースの中に優光泉酵素を混ぜました。

優光泉酵素はピーチ味で飲みやすく炭酸にもよく合うようです。少しづつ混ぜて飲ませました。

すると驚いた事に4日程して娘の顔つきが変わって来ました。憑き物がとれたように穏やかな顔になり、私のする事にも反抗しなくなってきました。

私の作ったご飯も食べてくれるようになり、次第に赤ちゃんの事を考え生活習慣を改めるようになりました。

炭酸ジュースに微量づつ混ぜました。ダイエットに飲む女性が多いと聞いていたので、通常量では痩せ過ぎて体に良くないと思っていたからです。

でも、おせんべいとはいえしっかり食べていたので痩せすぎる事はなく、それでいて産後太りと不摂生からくる肌荒れも良くなりました。

なにより外側だけでなく内面まで変わってきたのには驚きました。

優光泉酵素をこっそり飲ませていた事を娘に打ち明けると、本当に感謝されました。

マタニティー・ブルーの時の状態を聞くと、とにかく異常なほど子育てに必死だったようで、片時も赤ちゃんから離れてはいけないという強迫観念にとらわれていたそうです。

そしてご飯を食べてという私の事は、赤ちゃんを取り上げようとしている悪者のように感じていたそうでした。

それが優光泉酵素を飲み始めてからは、嘘のように気持ちが落ち着いてきたようです。

同時に私に対する愛情も信頼も戻ってきて、赤ちゃんを任せてもいいと思えるようになったと話しました。

それを聞いて、ホルモンの乱れとは本当に恐ろしいものだと思いました。

私の知人友人にも孫ができる人が増えて来ました。今は出産祝いに優光泉酵素を贈っています。

H.Mさん(50代/149cm/主婦/鹿児島県)